忍者ブログ
『がぁらないとシネマ』のミリッサに関するブログ。 なりきりを知らない方、苦手な方は注意。 あとミリッサのキャラを知っている方へ。 なんかもう色々ごめんなさーい。
[120] [119] [303] [301] [134] [155] [165] [167]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「アライア、ただいま。」
「おかえりなさいミリッサ…って、誰ですか?この方は?」
今日も料理の支度を済ませた
僕は妹であるミリッサの帰りを待っていました。
街の外から帰ってきた妹は
疲れを癒すために眠っていることが多いのです。
不規則な生活は身体に毒だと言いたいのですが、
僕も深夜の時に聖堂へ足を運んでいることを知っているので、
そこを指摘されたら勝てません。
むしろ妹に勝とうとするのが無茶な話なのです。
そんな妹が帰ってきたのは夕方。
扉が開くとベルが鳴って妹の帰宅を教えてくれます。
リビングを飛び出して玄関で出迎えるのが、
最近の日課となっていました。
妹と同じ色彩が捉えたのは、見知らぬ男の姿。
顔の造りで年齢を判別しずらいですが、
明らかに妹よりは年上だと分かります。
男の方なのに香水の匂いが鼻につきましたが、
微かなので妹は気付いていないかもしれません。
お洒落を嗜む人?
僕の第一印象でした。
「この方は?」
僕は同じ質問を繰り返して尋ねました。
妹はいつも以上に上機嫌なのです。
と、言うよりも幸せそうな雰囲気が漂わせています。
そう滅多に見れるものではありません。
「えっとアライア、この方は…」
「俺の名前はシェンだ」
妹の声が被さるように男の人も名を自分から告げました。
僕は不思議に思いました。
声に出すと空気の振動が微かに震えていました…緊張をしているような。
そんな気がして妹に無言で問い詰めます。
あれほど僕との関係を他者にバラしたくないと
意地を張っていた妹の心境の変化に驚きだったのです。
「えっと、あの…あの…」
妹が口を開けたり閉じたりと続けて話をためらっていましたが
シェンさんが腕を前に出して首を振るいます。
なにやら二人の間に親密な会話が行われるのですが、
僕は瞬きするしかありません。
改めてシェンさんが僕の方を向くと頭を一度下げます。
つられるように僕もお辞儀。
顔をあげた時にはシェンさんが何か重要な話をする前かのような…
それぐらい緊迫した空気なのです。
僕は戸惑いながらも言葉を待ちました。
「えっとお兄さん、それともお姉さん?」
「いえ、僕は身内以外には性別は教えない主義なので。。。
どちらとして見ても構いません。
あ、ちなみに僕の名前はアライアです。」
「あぁ…、えっとじゃあアライア。話をしたいことがあるんだ。」
「はい、どうぞ言って下さい。」
どうしてシェンさんが緊張しているのか分からないのですが、
僕が聞いて心が軽くなるなら手助けしましょう。
「え、えっと、今日は報告があって…ミリッサと付き合って…」
「えっ!?」
僕はシェンさんが言い終る前に口を挟んでしまいました。
だって幾ら僕でも分かります。
妹とシェンさんの関係。
僕があんまりにも情けない顔をしていたのでしょう。
二人は顔を見合わせて「どうする?」と、
相談するのですが、内容を聞く余裕は僕にありません。
足がふらついて転びかけますが、
妹が腕を掴んで防いでくれます。
「あ、アライア!?」
「すみません。。。少々、驚いてしまいました。」
「…凄い動揺だな。」
あ、当たり前じゃないですか。
僕が『がぁら』にやってきてから、一ヵ月も経っていません。
独り身で辛いと聞かされていたのに
恋人の存在が舞い込むなんで予想もつきません。
妹が腕を掴んでいなければ、座り込んで唸っていたでしょう。
レイジさん、ハースさん、僕は祝福するべきなのでしょうか。
とても複雑な気持ちです。
「あ、それからアライア。
あとでシェンさんが運ぶのですが…新しく使い魔がいて…
一緒に暮らす為に部屋を二室用意してくれませんか?」
「二室?使い魔二人居るのですか?」
「いえ、使い魔は一人です」
「なら部屋は一室だけで問題無いかと思いますが。。。」
妹の目がシェンさんに向いていました。
僕に何かを察して欲しいような眼差しを浮かべているのです。
僕は一つの可能性に辿り着きました。
でもいきなり過ぎるかと思いませんか。
妹の手が僕から離れていくとシェンさんの腕に絡み付きます。
恋人らしい仕草が僕の前に繰り広げられます。
シェンさんも無言で見つめてくるのです。
きっと今の僕は情けない顔をしているでしょう。
妹が僕の肩をたたきました。
「…アライア、改めて宜しくお願いします。
今日から四人家族になりましたね。
ほら、この間家族が沢山欲しいとか口にしていたじゃないですか。」
「み、ミリッサ!!いきなり過ぎます。普通はもっと準備を踏むものですよね。」
僕が間違っているのですか。
聖堂に住まう神官達の姿を描きながら、
僕は歯を噛み締めて泣くのを我慢します。
妹を取られたような気持ちがありますが、
幸せなら仕方が無いのです。
無表情となった妹が幾らか笑えるのは
シェンさんの力があるからなのでしょう。
「わ、分かりました」
「アライア、構わないのですか?」
「僕が反対したら家から出ていきますし、
そんな事になったら、
何のために『がぁら』に来たのか分からなくなるので許します。
それに僕はミリッサが幸せなら良いんです。」



こうして僕の家に二人の同居者が増えました。
妹の恋人であるシェンさんと押しかけ使い魔のラザールさん。
頑張って働かないと。
新しい家族を支えるために僕の仕事はどんどん増えていく。
そしてその一週間後、僕は二人の結婚話をきいて衝撃を受ける事となる。

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
[02/18 歌い手&医者&幼女]
[02/18 イルデガード]
[02/16 ホムラ]
[02/16 シェリス]
[02/15 ビビデ]
最新TB
プロフィール
HN:
ミリッサ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]